陸のエクスプローラー、海のサブマリーナーに対し、1950年代に空をコンセプトとしたパイロットウォッチとして開発。異なる2つのタイムゾーンの把握が必要とされた国際線のパイロットをサポートすべく、当時のパンアメリカン(パンナム)航空にも正式に採用されています。GMTマスターIでは2タイムゾーン表示のみだったところ、GMTマスターIIでは回転ベゼルを採用したことで3タイムゾーン表示を実現しました。また、ベゼルのカラーリングも他のモデルとは一線を画し、バイカラーで塗り分けられたモデルが存在するのが大きな特徴です。新たなカラーバリエーションも続々と発表され、機能美と造形美が見事に融合したモデルとして、多くのロレックスユーザーを虜にしています。

CHECKED ITEM 最近見た商品