腕時計 シチズン(アンティーク) のご紹介

腕時計 アンティーク シチズン
1918年日本で国産の時計を作るために優秀な技術者を育成する“尚工舎時計学校”を設立しました。当時の携帯時計と言えば懐中時計が主流でした。国産の懐中時計を制作するためシチズンの経営者は1924年シチズン時計の第一号製品を完成させます。名前の由来は長く広く市民に愛されるように、市民を意味する“CITIZEN”から名付けられました。世界に先駆けて開発した光発電技術「エコ・ドライブ」や、最先端の衛星電波時計など、常に時計の可能性を考え、開発を重ねてきました。2018年、創業100周年を迎えるシチズン時計は、これからも時計の未来を切りひらいていきます。

CHECKED ITEM 最近見た商品