腕時計 ロレックス(中古) ミルガウス のご紹介

腕時計 中古 ロレックス ミルガウス
1956年、強い磁場に絶えず晒される科学者や技術者のため、耐磁性能を有したミルガウスを発表。フランス語で1000を意味するミル(mille)と磁束密度の単位であるガウス(gauss)からなる造語として名付けられました。一般的な機械式時計の精度は50~100ガウスの磁場で影響を受けるところ、ミルガウスはその名の通り1000ガウスの耐磁性能を有しています。一度は生産終了となったものの、2007年に印象的なイナズマ針とともに復活。ミルガウス誕生から50周年を記念し、グリーンサファイアクリスタル風防のアニバーサリーモデルも新たに携え、大きな支持を得ました。時計の精度を左右するヒゲゼンマイには耐磁性と衝撃耐性に優れた合金であるパラクロムを採用、オイスターケース内には強磁性合金で作られた磁気シールドによって強固な耐磁性を可能なものとしています。

CHECKED ITEM 最近見た商品