アンティーク腕時計

経年の深みを楽しむ大人のアンティークウォッチ

時計が好きな方は一度は興味を持つのがアンティークウォッチ。
レトロな雰囲気や経年の傷や焼けや腐食などが深みを醸し出し、コンディションが違うがゆえに、世界に2つと無い一点ものであるという魅力があります。

とは言うものの、興味を持っていても、なかなか手を出しづらいのがアンティークウォッチ。
ただ古いだけではないことはわかっているけれど、どんなものがアンティークウォッチなのか、取り扱う上でどのようなことに注意しなければいけないかなど、わからないことが多くハードルが高いと感じられている方が多いのではないでしょうか。
そんな魅力満載なアンティークウォッチについてご案内したいと思います。

アンティークウォッチの定義

アンティーク - antique - とは、フランス語で「骨董品」や「古美術品」の意味で、製造から100年以上が経過した手工芸品・工芸品・美術品と定義づけられています。
これは1934年にアメリカで制定された法律に基づいたもので、欧米各国におけるアンティークの定義もおおむねこれに従っているようです。

腕時計の世界では、初めて一般向けの腕時計が発表されたのが1900年ですので、その歴史は浅く、その定義には当てはまるものがほとんどありません。
そのため、機械式腕時計が全盛を誇っていた1960年代後半までのものをアンティークウォッチと定義づけるようになったと言われております。
最近では30年以上たった腕時計もアンティークやビンテージと一部の間では定義づけるようになってきておりますので中には、1980年代に製造された腕時計もアンティークウォッチと位置づけることもあるようです。

CHARM

時計の好事家だけでなく、機械式腕時計を好きな方を魅了してやまないアンティークウォッチの魅力とは何なのでしょうか。

やはり、なんといっても世界にただ一つ、唯一無二であるというところでしょうか。
生産が終了しており廃盤であるため、これ以上数は増えない上に長い年月が経っているのでコンディションが同じものは2つと無いのです。
一点一点が表情が異なり、まるで宝物を探しあてるかのように、出会ったときの喜びはひとしおだそうです。

デザインデザイン

新しく腕時計を買おうとして友人や同僚、上司の腕時計をこっそりリサーチしてわかるはずです。
似たようなデザインや同じようなモデルばかりが目に付くはずです。
人は誰しも他人と違うものを、被らないものを手に入れたいという思いが少なからずあると思います。
アンティークウォッチは生産が終了しているので、まず現行モデルと被ることはないでしょう。
現代は大量生産をして売れることを目的に作られている時代ですが、それ以前は、職人が一つ一つ細部に至るまですべて手作業で作り上げる時代でした。
今よりも職人のマンパワーが色濃く残るデザインであったり、装飾を施してあったりと「売れるかどうか」だけに標準を当てていないが故の魂のこもったモデルが多い気がします。
腕時計の機能にプラスして一点物のアクセサリーを身に着ける感覚と似ているのかもしれません。

価値価値

アンティークウォッチは高いものと決めつけていませんか。
もちろんロレックスやパテックフィリップのようにプレミアがついているモデルもございますが、それは、雑誌などで取り扱われることが多いので目にする機会も多く、イメージとして「アンティークウォッチ = 高価・プレミア品」と植え付けられているだけで、想像以上にお買い得です。
実際のところアンティークウォッチは古い中古品ですので、お値打ちに手に入れることができるのです。
プレミアの付きやすいロレックスでもデイトジャストなど一般的なモデルは現行モデルよりも安く買えるものがほとんどです。
プレミア価格がつくモデルは、ほんの一握りの世界で、その高額で取引されるが故に注目を集め、そのイメージを強めていってしまうのです。
ですが、ほとんどのアンティークウォッチはそうではありません。
「お値打ちに手に入れられる、他人と被らない、自分だけの腕時計が身に着けられる」事がアンティークウォッチの魅力の一つですので、気負うことなく楽しみながら探すことができるのではないでしょうか。

TREATMENT

アンティークウォッチは現行の腕時計と同じように使用することで思わぬところで故障することもございます。
当時の技術力と現代の完成度の高い技術力、また時代背景が大きく異なります。
現代では当たり前にしていることがアンティークウォッチの世界では当たり前ではないことを理解しておくとより長くお使いいただけるのではないでしょうか。

古い時代に作られているからこそ取り扱いに気をつけなければならない点がいくつかございます。
それは、水、衝撃、磁気に弱いということです。

水や湿気を避ける

現代の腕時計は格段に防水性能が高いものや最低でも日常生活防水が備わっているものがほとんどです。
そんな現代の腕時計でもオーバーホールのたびに防水チェックを必ずしています。
防水を保つためのゴムパッキンを毎回交換するメーカーもあるほど。
ましてや、ゴムパッキンを使用していないほとんどのアンティークウォッチは当時からも生活防水すら備わっていたかもあやふやな状態で、防水性能を有していたものも、長い年月を経た今でも防水性能を保てているとは甚だ疑問です。

ですが、ご安心ください。水や湿気のある所を避ければいいだけなのです。
手洗いや家事などの水仕事の際は外しておくことをお勧めします。
また、雨の日やたくさん汗をかきそうな暑い日は、日常防水以上の性能を有した腕時計をしていただくほうが賢明かと思います。

衝撃を避ける

現代の性能がいい腕時計にも言えることですが、基本的には精密機械ですので、アンティークウォッチではなくても衝撃には弱いのです。
1960年代以降になると耐衝撃性能の技術を取り入れるようになっていきますが、それ以前はその性能がありませんでしたので今よりも敏感に衝撃を感じ取ってしまうかもしれません。

柔らかいものの上に落としてしまった場合などは、見た目程に機械内部の損傷が激しいこともあります。
ぶつけたり落としたりするのはもちろんのこと、腕から伝わる衝撃を受けないようにご使用いただけたらと思います。

磁気を避ける

腕時計の機械の部品の多くは金属を使用しております。
それ故に磁気による影響を強く受けてしまいます。金属がいったん磁気を帯びると磁気抜きをしない限り磁気を帯び続けたままです。
そうなると、腕時計の精度が著しく悪くなってしまいます。
現代の腕時計には高い耐磁性を備えたモデルがございますが、それ以外はアンティークウォッチに限ったことではございませんので現代の腕時計でも注意しなければいけません。

日常生活の中には磁気を発するものが多く存在します。
家電製品、パソコン、携帯電話などはご注意ください。
男性の方ですとシェーバー、女性の方ですとドライヤーなども強く発生しているようです。
極力そのようなものが無いところを保管場所に選んでいただければと思います。

RECOMMEND

いかがでしたでしょうか。少しアンティークウォッチへのハードルが低くなったのではないでしょうか。
アンティークウォッチにはアンティークウォッチなりの楽しみ方、取り扱い方があるのです。
40~50年前の精密機器が今もなお親しまれ、愛されていることが少しでも分かっていただけたら幸いです。